HOME>コラム>相続の問題は対処が難しい【司法書士も頼りになる】

相続の問題は対処が難しい【司法書士も頼りになる】

ジャッジガベル

話しやすい事務所を選ぼう

金融財産や不動産など、相続関連の手続きは総じて複雑で、そのうえ相続税の申請が絡む場合、それ程のんびりできないのが実情です。そのため大阪で相続手続きを行う際は、費用などを比較して、司法書士や弁護士などのプロへ一任すると良いでしょう。基本的に相続手続きでは色々なことを相談するため、料金だけでなく、できるだけ話しやすい事務所を選ぶことも肝心です。また、急いでいる状況ならフットワークが軽く、スピーディに対応してくれる事務所を選ぶことも欠かせません。そのほか、大阪での相続手続きに伴い、かなりプライベートな部分まで踏み込んだ話をする予定なら、信頼性があり、親身になって相談に乗ってくれる事務所を探しましょう。

男性

円滑なサポートが頼もしい

難解な相続手続きを代行してもらえるため、大阪でも司法書士や弁護士などの事務所が人気です。特に金融や不動産の相続では、被相続人の生誕から逝去までのつながった戸籍謄本が必要になります。時には除籍票や改正原戸籍も必要になりますが、金融機関などの店頭スタッフがその件を良く知らない場合、訪れる度に違うことを言われて混乱する場合があるかもしれません。その点、司法書士や弁護士などへ一任すれば、それらの必要書類も抜かりなく揃えてくれますので、右往左往せずに済みます。そして、相続手続きでは何かと必要になる、遺産分割協議書の作成をサポートしてくれることも大きな魅力です。とりわけ相続人同士が不仲で、捺印を頼みにくいどころか、音信不通の状態ではそれらのプロが頼りになります。このため、何らかの事情で手続きが難航している場合でも、大阪の司法書士や弁護士事務所へ相談される方が沢山いらっしゃいます。